働く環境を見る

社内環境・行事更にスキルを磨くための教育研修制度自分と家族を笑顔にする制度・取り組み

社内環境・行事社内環境・行事

  • オフィス
    移転したてのオフィスのメインカラーは“白”。ワンフロアにこだわり、中心にミーティングスペースを設けることで、部署を越えたコミュニケーションを活性化。各部門の力を結集し、チームプライムクロスとして最大限のクリエイティブを。
  • オフィス(会議室)
    AOYAMA、SHIROKANE、GINZA、AKASAKA・・と地名をモチーフにした会議室は開放的なデザイン。大小さまざまな部屋があり、自由な発想を生む場になっています。
  • GIB
    Goal In Bonusの略。年に一度、業績連動型のインセンティブ旅行を実施しています。前年度の実績により行き先が決まり、社員みんなで旅行に出かけます。社員が持っていくのはおこづかいだけ。1年の奮闘が報われる瞬間です。(過去の渡航先:ハワイ・ゴールドコースト・台湾・グアム・バリ・香港・沖縄)
  • MVP
    全社成長に対する最大限の貢献、クライアントへの成果の創出、社内へのプラスの影響力など、成果を出した人を全社員で称えます。3か月に一度各部門からそれぞれ選出される四半期MVPの他、1年間で最も活躍した人物ひとりだけに贈られる年間MVPは全社員の目標です。
  • プライムアカデミー(講師:佐藤尚之様)
    宣伝会議による広告セミナーでは外部講師による講義も開催。2015年には、コミュニケーション・ディレクター“さとなお”こと佐藤尚之様にお越しいただき、2回に渡って“コミュニケーション・デザイン”について学びました。
  • プライムアカデミー(講師:吉田透様)
    2016年には、ストラテジック・プランニング・ディレクター 吉田透様を講師に“インサイト分析”についての講義を開催しました。日本有数の著名な広告人からの講義を社内で受けられるのも、プライムクロスならではの取り組みです。
  • 大運動会
    2014年より2年続けてプライムクロス大運動会を開催しています。チームワークで動く広告の仕事では、コミュニケーションが何よりも大事。部署や年次を越えて、大いに盛り上がります。
  • サークル活動
    オフコミュニケーションを充実させるため、サークル活動費用を会社が補助します。スノーボード・サーフィン・フットサル・野球・ダンス・サイクリングなど、全12サークルがあり、同じ趣味の仲間との交流できる環境があります。

更にスキルを磨くための教育研修制度更にスキルを磨くための教育研修制度

  • CS10専門的なスキルをさらに伸ばしたい社員のために、外部のスクールや資格取得をバックアップします。どの社員でも自己成長のためにかかる費用を年間10万円を上限として会社側で負担する制度です。この制度を利用してビジネススクールに通う社員も多くいます。
  • 社内勉強会各セクションのプロフェッショナルが日々の業務の中で身につけた知識やスキル・成功事例を社内に共有する勉強会が頻繁に開催されています。毎回多くの社員が積極的に参加し、切磋琢磨しています。
  • プライムアカデミー変化の激しいインターネットマーケティング動向をいち早くキャッチアップするために、社内外講師によるセミナーや研修が定期的に開催されます。広告セミナーや不動産研修など、多方面に知見を広げることができます。
  • インストラクター制度新入社員1人につき、1人のインストラクターが配置され、配属後約1年間新入社員を指導します。先輩社員の指導やアドバイスのもと、ビジネスの基本をしっかり身に付けます。
  • プライムライブラリー社員の自発的な学びを推進するため、社内にライブラリーを設置。WEBや不動産の専門書からデザイン書や自己啓発本まで、幅広い書籍を数百冊用意。社員の要望やトレンドを考慮しつつ、毎年百冊単位で買い足しています。
  • スタートアップ研修入社時に約1ヶ月間の集合研修を実施しています。ビジネスマナー・マーケティング・不動産の基礎知識を学ぶ講習から、チーム別に企画立案から提案までを行うプレゼンテーション研修など、広く基礎を身につけます。
  • グループ会社研修グループ会社合同研修に参加。グループ会社の同期社員と交流しながら、さまざまなビジネススキルを学びます。
  • ビジネススキル研修制度ロジカルシンキングやビジネスライティングなどビジネスマンが身につけるべき基礎スキルを、外部の専門研修機関にて好きなときに好きなだけ学べます。もちろん費用は会社が負担します。

自分と家族を笑顔にする制度・取り組み自分と家族を笑顔にする制度・取り組み

  • ステップアップ休暇入社後3年勤続した社員を対象に、有休休暇とは別に5日間の連続休暇と7万円の報酬金を支給します。
  • 確定拠出年金制度野村證券の確定拠出年金制度に加入しており、個人が定めた金額を毎月確定拠出年金口座に貯蓄。社員の財産形成を支援します。
  • 時短勤務制度子が小学校就学の始期に達するまで、所定勤務時間を2時間短縮することができます。
  • 看護休暇小学校就学前の子を養育する社員が、その子供の傷病看護(疾病予防のため予防接種、健康診断の受診を含む)の必要があるとき、年次有給休暇とは別に、子が1人の場合は1年間につき5日、2人以上の場合は1年間につき10日を取得可能です。
  • 定時帰りデー1週間に1回必ず定時帰りをする取り組み。メリハリをつけた勤務スタイルを推奨しています。
  • イクボス推進NPO法人ファザーリング・ジャパン主催のイクボス中小企業同盟に加入し、イクボスの育成を推進します。※イクボスとは・・職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のこと
  • 産休・育休制度産前6週間(多胎妊娠は14週間)産後8週間の産休、子が満1歳に達するまでの育休を取得することができます。
    ・保育園に入園できない等の理由で最大6ヶ月延長可能
    ・特別延長の適用により子の満1歳の誕生日以降、最初に到達する4月30日まで
    ・父母がともに取得する場合は、1歳2ヶ月に達するまで延長可能
    ・配偶者が専業主婦(夫)であっても取得可能
facebookMy PageEntry
Entry MyPage