PRIME CROSS
RECRUIT
2019

新卒採用PJ特別インタビュー

KIICHIRO.I×AYANO.N×YUDAI.O

クリエイティブ部の1年目トリオ、2年ぶりの採用サイトフルリニューアルに挑戦

Kiichiro ある日、突然部長が「今年も採用サイト、やるかも」と。 プライムクロスでは、新卒採用サイトの制作は新卒1年目が担当するというのが毎年の恒例なんです。翌週のキックオフミーティングで「今回はフル(リニューアル)です」って聞いたときはめちゃくちゃテンションが上がりました!フルリニューアル、つまり一からの制作です。絶対今のサイトよりかっこいいものを作ってやるとワクワクしましたね。
Ayano 私は正直、楽しみ以上に不安のほうが大きかったです。普段の業務では、サイトの全てをひとりでデザインしたことがまだなかったので、自分の半年間が試されるような気がして、ついに来たか、と。
Yudai このプロジェクトに自分がアサインされたこと自体に、実はとても驚いていました。(笑)僕はメインの仕事がバナー広告の制作ディレクション。サイト制作は経験したことがないし、プロジェクトの中で一体自分に何ができるだろう…と。ただ、元々僕は就活生時代からコピーライター志望だったので、そういった自分の興味や経験を活かせればとは思っていました。

kiichiro_i

サイトのテーマは「デジタル&スタイリッシュ」

Ayano 肝心なサイトのテーマは今回「デジタル&スタイリッシュ」でした。デジタルとスタイリッシュをどう同時に表現するかを3人で何度も話し合いましたが、最終的に一番イメージに近かったのが意外にもファッションブランドのサイト。柔らかい雰囲気の写真を大きく使って、そこにデジタルなエフェクトをかけることで「デジタル&スタイリッシュ」を表現していこうと決めました。特にトップページの写真の動かし方はサイトの印象を大きく左右するので、最後までかなりこだわったところですね。
Kiichiro 今回のサイトの肝は何といっても”写真”。普段僕らがデザインするサイトやバナー広告に使用する写真は、クライアントや関係企業の方から素材としていただくことが多いのですが、今回は自社の採用サイト制作ということで写真撮影の段階からコンセプトを考えることができました。何でも自分で考えてみたいと思う僕にとっては、心躍る経験でしたね。
Yudai 初めての経験だったので、想定外のトラブルもありました。当日、撮影現場に立ち会っていた僕の耳に、カメラマンさんから衝撃の一言。「事前にもらっていたイメージ通りには撮れないかもしれない。」会社内で撮影する採用サイトの写真としては求めているクオリティが高すぎたんです。でも僕がそこで「無理なのか…」とあきらめてしまったら思い描くサイトを作ることはできない。カメラマンさんにあれこれお願いして撮影時間をオーバーしながらもイメージに近づけるために試行錯誤しました。

ayano_n

Ayanoのデザインが僕の想像を超えていた

Ayano Kiichiroが作った構成案がかなりレベルの高いデザインだったので、最初はその構成案を忠実に再現しようといろいろ試していました。でもなかなか納得できるデザインにならない。そんな時、先輩デザイナーに「今回のメインデザイナーはAyanoなんだから、一度自分の思うように作ってみようよ」とガツンと言われて。そこで吹っ切れて自分のやりたいように作ったのがこのデザインです。

Kiichiro Ayanoからこのデザインが上がってきたときは、あまりのかっこよさに興奮しました。(笑)僕の想像を遥かに超えてきました。Ayanoのこだわり、随所に僕のこだわりも残っていて。これが相乗効果っていうのかな、と嬉しくなりましたね。

「かっこいいサイト」から
「かっこいい会社」へ

yudai_o

Ayano 私達の採用サイトを見た人が「かっこいいサイトだな」だけじゃなく「プライムクロスってかっこいい!」って感じてほしい。私たちが学生の皆さんに近い目線で表現したかったのは、結局そこなんです。ただサイトをかっこよく見せるだけでは意味がないので。
Yudai このサイトを見てプライムクロスに入社してくれる人がどんな人なのか、今からとても楽しみですね。僕たちがこのサイトを作った成果はそのときになって初めてわかるのかなと思います。
Kiichiro 新卒採用サイトを新卒1年目のメンバーが作るということに大きな意味があると思います。就活生に対して言わば会社の顔となるサイト。こんなかっこいいサイトを自分も作りたい、この会社で働きたい、って思ってくれたらすごく嬉しい。またこのメンバーで、価値あるクリエイティブを作っていきたいですね。

ayano_n