PRIMECROSS
RECRUIT
2021

ENTRY
新卒採用サイト
対談
SCROLL

入社1年目のスタッフが、
部署の垣根を超えて
採用サイトフルリニューアルにチャレンジ

対談メンバー

  • Yuki.T
    クリエイティブ部所属のデザイナー。
  • Mai.T
    メディアコンサルティング部所属のアドクリエイティブディレクター。
  • Moe.O
    人事・コミュニケーション課所属で新卒採用担当者。

「面白そう!」「興味が湧いた」「本年度の集大成」。
入社1年目のスタッフ、それぞれの想い

Yuki.T僕は入社の時から新卒サイトの制作に携わることを聞いていました。それが下半期の大きな課題だと考えていたし、だからこそやる気もありました。

Moe.0部署の垣根を超えて、新卒だから創り得る採用サイトを創る。とても興味が湧いたし、自分が1年目の時にリニューアルするというタイミングについても、私はポジティブに考えることができました。

Mai.T私は2人に比べて、このプロジェクトに携わることができると聞いたのが遅かったので、はじめは心の準備がまったくできていなかったです。けれど、入社半年で、しかも同期と1つのサイトを制作するのは純粋に面白そうだなと思いました。

サイトのテーマは
「スピード感×多様性」。
その概念の具体化・明確化を3人の中で擦り合わせるプロセスはとても大変だった

Yuki.Tサイトを制作するにあたって、コンセプトワークから携われたことは本当にいい経験になりました。クリエイティブの本質的な部分を考えることができたと思います。

Moe.0コンセプトである「スピード感×多様性」について、具体化・明確化する作業が大変だったよね。でもそこをしっかりやったからこそ今進められている、と思います。

Mai.T確かに言葉の概念を突き詰めていく作業は大変だったけど、この会社に入って3人とも「スピードが速い」「多様性がある」という部分は感じていたので、コンセプトはすぐに決まりました。

Yuki.Tそもそもデジタルマーケティングという業界はスピードが求められますし、社内には様々な経歴や考え方、キャラクターの社員がいて、個性が集まっている職場ですからね。それが私たちの共通認識であり、サイトを制作する軸となっています。

Mai.T立ち戻って考えられるコンセプトがあるから、みんなが同じ方向を向くことができるよね。

Moe.0そうだね。私の場合は、人事としてそれをどのように学生にわかりやすく伝えられるのかということを考えるのですが、同時に一番身近で学生と接している立場でもあります。発信側の目線と学生目線、各々をどのように融合させるのかが難しかったです。

遠回りしたからこそわかった
「スピード感」の大切さ

Mai.T私たち、まだ社内のことを半年分しか知らないんですよね。自分たちなりに考えてもまだ先があり、自分たちの限界を超える難しさがありました。だから、他の方の協力が不可欠でした。いろいろな方に力を借りながら作り上げていくのは難しかったですね。

Moe.0そうだね。まだ誰一人プロジェクトを立上げた経験がないよね。1人でも知っている人がいたらそこを軸にできるけれど、みんな初めて。遠回りもする。でも一度でも経験すれば、次回からこのスピードはどんどん上がっていく。そういう意味での「スピード感」も新卒採用サイトに携わらなければわからなかったこと。入社して半年でひとつのサイトをイチから立ち上げるという意味でのスピード感もあるけれど、自分たちが成長するスピード感も実感しました。

プロジェクトを通じて感じた、「多様な」成長

Moe.0今後やるべきことを先取りさせてくれるというトレーニング的な面と、「やってごらん」と預けてくれる、自分たちがやりたいことをすぐに外に向かって発信できる機会があるというのはすごくいいことだよね。

Yuki.T貴重な経験ですね。持ち込まれたものに対して考えるのではなく、コンセプトから考える経験、このコンセプトだから、こういうトーン、色、表現、つまり本質を1年目で考えられたのはよかったですね。

Moe.0私は「伝え方」をより濃く勉強できたと思う。人が読んだ時にどう思うか、例えば依頼の際のメールの打ち方、話し方なども勉強になりました。多くの方にご協力いただきましたが、皆さんお忙しい中で、実は私たちを見てくださっているんだな、と感じました。社内のあたたかさや社内の人のことを知ることができた機会でもあったと思います。

Mai.T私はチームでやることの本当の意味を知ることができたかな。誰かに合わせるのではなく、個々の考え方をきちんと出して一つにする、いちばん大変なことだけど、それが定まっていないと仕事は上手くいかない。違う部署と連携しながら仕事を進め、お互いが多様性を活かし合うことはこの会社の強みだけど、その中で自分の考えやこだわりを持つことも大切。そして相手の意見を聞くことも等しく大切ということを理解したことで成長できた、一歩踏み出せた気がします。

Yuki.T僕はデザイン、コーディングという「スキル」面での成長、デザインしたものを言語化する能力の、2つの面で成長があったと思います。これからお客様の前で説明する際にすごく役立つと思います。このプロジェクトのおかげで自分の力量がわかったし、これからの課題もしっかり認識できた。ポジティブに考えています。

入社1年目の私たちが、ゼロから築き上げた採用サイト。
こだわったポイントを余すところなく見てもらいたい

Mai.T今回のコンセプトである「スピード×多様性」をサイト内でどう表現するか悩んだよね。多様性を伝えるためにこだわったのはPeopleページ。内容だけではなく写真の撮り方も工夫しました。スピード感については、私たちがこのサイトを2カ月という短期間で作成したという点にも現れていると思います。 Xtalkページの中で実際にサイト制作についての話を詳しくしているのでご覧いただければと思います!とにかくこのサイトのいたるところで「スピード×多様性」を表現しました。ぜひ、隅々まで見ていただきたいです。

Moe.OAboutとCultureは、会社について伝える重要なコンテンツ。いかに見てくださる皆さんにわかりやすく伝わるか、文章を何度も試行錯誤しながら考えました。独自の文化が多くある会社ですので、そういったこだわりの部分についても表現できたと自負しています!

Yuki.T結局全部見てほしいよね!(笑)。でも最終目的は学生の皆さんがプライムクロスにエントリーしてくれること。今回、私たちはいろいろな新卒採用サイトを見たと思いますが、他にはなかなかない、オリジナルなサイトになっていると思います。