© 2006-2021 PRIME X Co., Ltd.

PRIMECROSS
RECRUIT 2023

ENTRY

CORPORATE
SITE

INSTAGRAM

PEOPLE

HIROKI.T

2015年度入社

Q.1学生時代はどんなことをしていましたか?

様々な分野への挑戦と、試行錯誤した進学塾アルバイト

野球チームを作って朝6時から練習したり、コンクリートを作っては壊してみたり、インドのガンジス川で沐浴したり、過疎化した商店街の復活に全力注いでみたりといろんなことをしていました。なかでも一番力を注いだのは進学塾でのアルバイトです。 3年間で約60名の高校生を担当して、志望校の過去問はいつ解くべき論から、時には家庭環境の相談まで、様々なことに対して生徒と向き合ってきました。 同じ言葉で激励しても、人が変わったように勉強を始める生徒がいる一方で校舎に来なくなってしまう生徒がいたり、十人十色の意味を肌身をもって感じた3年間でした。そのような経験を通じて正解のない仕事への興味が醸成されたのだと思います。

Q.2プライムクロスへの志望理由は何ですか?

素で向き合ってくれた、プライムクロスとの出会い

「無形商材」「顧客と長い関係性を築くBtoBビジネス」「成長産業」を軸に就活をしていた僕は、先輩の勧めでたまたま参加した就活イベントでプライムクロスと出会い、興味を持ち始めました。 その後、説明会やグループワークなどでプライムクロスとの接点が増えるにつれて志望度がどんどん上がりました。 住まいという高額商品をプロモーションする奥深さと、出会う社員の”素”な人柄を感じたからです。 最終的には「10年後になりたいイケてる大人像」にほぼ合致した社員に面接で出会い、決め手となりました。 世界の様々なビールを提供しているお店で早い時間からビールを楽しんでいる最中にプライムクロスから内定の電話をもらった時は本当に嬉しくて、その情景を今でも鮮明に覚えています。

Q.3一番やりがいを感じた案件・瞬間は何ですか?

部内最年少マネージャーになり、感じたやりがい

新卒入社社員として初めて管理部門のマネージャーになれたことです。僕が入社した2015年当時はまだ新卒入社からマネージャーになった社員は全社で一人もおらず、自分がなることは正直全く想像がつきませんでした。入社3年目の2017年に異動となった時も変わらずでしたが、人事という仕事の奥深さに触れて、段々と組織運営や人材マネジメントに興味を持つようになりました。 2019年に同期の一人が史上最速でマネージャーになったことで強く意識するようになり、2020年の年始に抱負を発表し合う部内のイベントで勇気を出して「マネージャーを目指す」ことを公言!その影響があるかはわかりませんが、その年の4月にマネージャーを任せていただくことになりました。その時はもちろん嬉しかったのですが、それ以上に人生最大の責任を感じたことを強く覚えています。 マネージャーとしてはまだまだ駆け出しですが、推薦してくれた上司の期待を超えるべく、これからも奮闘したいと思います。

Q.4働く上で一番大切にしている価値観や、意識していることは何ですか?

2つの意味を込めた、「遊び」をつくるということ

遊びを作ることです。これには2つの意味があります。 1つは「遊び心を持つ」という意味です。年間約2000時間仕事をしているわけですが、その中には億劫な仕事やストレスのかかる仕事もたくさんあります。 仕事は仕事、と割り切って無心でそれらに取り組むのではなく、ちょっと楽しくなる工夫を加えることを意識しています。 そのちょっとした工夫は次の仕事を生み出す立派なものであるときもあれば、ここに書くのを躊躇するようなくだらないものであるときもあります。 いずれにせよ、そうすることでぼくはモチベーションが維持できますしパフォーマンスも上がると思っています。 2つ目の意味は「ゆとりを作る」ことです。強度を高めるために建築物などで意図的に作られる隙間のことを遊びと呼ぶのですが、それを過大解釈して使っています。 時間的にも精神的にも常にゆとりを持ち、メンバーが僕に相談しやすくなるように意識しています。

Q.5プライムクロスの好きなところはどこですか?

失敗も、成功もすべてを共有できる文化

試行錯誤できる組織であり、社員がいることです。歴史の浅い業界に属する歴史の浅い会社だからこそかもしれませんが、社員全員が日常的に正解のない課題に直面し頭を悩ませています。 これは新入社員も社長も変わりません。自分の頭で考え、知恵を出し合い、挑戦し、失敗もします。新入社員として入社した7年前から意見を頭から否定されたことは一度もありませんし、新規事業や新たな制度を提案できる社内イベント「別次元サミット」には文字通り新卒社員から役員までが参加します。 行動規範の1つ「前例が無いから挑戦する」や数年前に全社スローガンとなった「シカケル。」もこのような文化を象徴しており、ぼくが一番好きなところです。

Q.6今後どのような挑戦をしていきたいですか?

日本を代表するデジタルマーケティングカンパニーをつくる

プライムクロスをより強く大きい組織にしたいです。これはただ人をたくさん採用するという意味ではありません。「MISSONを達成したい」「プライムクロスを大きくしたい」と思う仲間を増やすことと、彼らの持ちうる能力が最大限発揮できる環境を創り上げる、この2つを人事として愚直に実行していきたいと思っています。そして、VISIONで謳っている「日本を代表するデジタルマーケティングカンパニー」を一日でも早く実現し、その喜びを社員みんなで分かち合いたいです。

OTHER PEOPLE

社員紹介

ENTRY

エントリーする